婚約指輪と結婚指輪の違い

女性なら誰もが憧れる婚約指輪

婚約指輪は、女性なら誰もが憧れる指輪です。必ず喜んでもらうことができるように、素材やデザインに気を配ることがポイントです。ジュエリーを添えるのが一般的ですが、最も人気が高いのはダイヤモンドです。硬質で長持ちする上に、美しい輝きを放つからです。また、上品な光を持つパールも婚約指輪のジュエリーとして選ばれています。パールはあらゆる冠婚葬祭にふさわしいと認識されています。
尚、婚約指輪の素材として、プラチナが重宝されています。つややかな光沢がありますし、丈夫な性質を持つからです。さらに、オリジナリティ豊かな婚約指輪にしたいなら、オーダーメイドがおすすめです。世界に一つだけの婚約指輪を実現することができます。

最愛のパートナーとおそろいの結婚指輪

結婚指輪は究極のペアリングと呼ばれています。最愛のパートナーとおそろいですから、二人が話し合って満足できる結婚指輪を用意しましょう。ただし、婚約指輪とは特徴が異なりますので、十分に把握することが大事です。
まず、婚約指輪と大きな違う点として、結婚指輪は日常的に着用するところが挙げられています。そのために、大きなジュエリーをつけると食器や家具などを傷つける恐れがあります。もしもジュエリーを添えたいなら、邪魔にならないように小粒のデザインにしましょう。
また、結婚指輪の素材として、耐久性に優れたプラチナが適しています。けれど、もっと華やかな雰囲気にしたいなら、ゴールドがおすすめです。傷がつきにくいので安心です。

二人の新しい門出の始まり。大人の二人にぴったりの気品ある街、婚約指輪を銀座で探せたら一生の思い出となって素敵なアルバムの1ページになりそうです。